ブラックリストでも即日融資は可能なのか?

ブラックリストとは

カードローンのことを調べていると、ブラックリストという言葉をよく目にします。このブラックリストとは何のことでしょうか?実は実際にブラックリストなるものが存在するわけではありません。信用情報機関の個人信用情報に、融資の審査に不利な情報が登録されている状態を俗に「ブラックリストに載っている」といいます。信用情報機関には、今までの借り入れの状況や申し込みの状況、返済の状況などが具体的に書かれています。延滞や債務整理で「異動」となっていれば、ブラックリストに載っている状態になります。また、申し込みの記録も半年間登録されたままになるので、短期間に次々にカードローンに申し込むと、いわゆる「申し込みブラック」になります。審査に落ちたからと言って、次々にカードローンに申し込むと、よほどお金に困っているとみなされてなので、即日融資はおろか審査にも通りません。

 

ブラックリストでも即日融資は可能?

債務整理には個人再生、任意整理、自己破産などがありますが、いずれの場合もブラックリストに載っている状態で、即日融資はおろか審査にも通りません。また、2ヶ月以上返済していない場合や、返済はしているものの、返済の遅延が複数回ある場合、遅延の回数は少ないものの額が大きい場合などもブラックとみなされる可能性があります。どんな人が「ブラック」かは、消費者金融や銀行が判断するわけですが、審査が厳しいところなら、上記のような場合はほぼ審査に通りませんから即日融資を受けるのも無理です。また、携帯電話を割賦契約で購入している場合も、支払い状況が信用情報機関に登録されます。ですから、携帯電話の料金の支払いを遅延している場合も、ブラックになりかねないので注意が必要です。

 

ブラックでも即日融資をするという業者

ブラックでもどうしても即日融資を受けたいという場合は、ブラックでもOKという広告を出している貸金業者で借りようと思うかもしれません。実際に債務整理中でも融資をするか消費者金融があるようですが、闇金である可能性もあるので注意が必要です。銀行や信頼できる消費者金融からは借りれなくなっている状態なら、キャッシングではなく、節約や仕事を増やす、所有物を売る、生活水準を下げるなどの方法で対処するのがベストです。場合によっては、経済的に困窮している人のために施行されている公的制度を利用することもできます。