おまとめローンとは

おまとめローンは、複数の借り入れ先を一本化できる金融商品です。もともとは銀行が始めたサービスですが、現在では消費者金融にもおまとめローンがあります。

 

◇おまとめローンのメリット
おまとめローンの最大のメリットは利息の支払いが減るということです。例えば3社から100万円ずつを金利18.0%で借りているとしたら、これらを一括して返済するために、おまとめローンに申し込んで300万円借入をします。限度額が上がると金利は下がりますから、それに伴い利息負担も減るわけです。おまとめローンにすると返済管理も楽になります。毎月3社に返済をしなくても1社だけに返済をすればいいので、時間の節約にもなります。提携金融機関やコンビニで返済する場合は手数料がかかることもあるので、1社だけにすれば手数料も節約できます。また、消費者金融の場合、年収の3分の1までの金額しか借りれませんが、おまとめローンなら年収の3分の1を超える額でも借りれます。

 

◇おまとめローンのデメリット
おまとめローンでは必ず利息負担が減るというわけではありません。過払い金が発生している場合は、おまとめローンにしてしまうと、支払わなくてもいい利息まで払うことになります。過払い金請求をすると、返済額が減ったり、かえって現金が戻ってくることもあります。おまとめローンにする前に過払い金の発生の有無を確認しましょう。また、銀行のおまとめローンを申し込もうと思う場合、他社借り入れが4件以上あると審査に通るのが難しくなり、おまとめローンも組めないことがあります。

 

◇おまとめローンがある消費者金融
おまとめローンがある消費者金融はアコムやプロミスです。アコムの「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」は貸付金額が1万円〜300万円で、貸付利率は実質年率7.7%〜18.0%です。借りれるのは、借換えの対象となるローン残高以内の金額の金額になります。また、返済のみに利用できる商品なので、追加で借りることはできません。プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」は、融資額が300万円までで、借入利率は実質年率6.3%〜17.8%です。