総量規制って何?

総量規制とは

総量規制とは貸金業法の中で定められているもので、貸金業者は消費者の年収の3分の1 までの金額しか融資してはならないという規則です。また、貸金業者が、50万円を超える貸付けを行う場合、または、他の貸金業者を含めた貸付額の合計が100万円を超える時には、収入証明書の提出を求めなければなりません。これによって、貸付額が年収等の3分の1を超えていないかチェックすることができます。もし、年収の3分の1を超えていれば審査には通りません。総量規制を無視して、貸し付けを行った貸金業者は営業停止など、行政処分の対象になります。

 

総量規制の例外

総量規制には除外と例外があります。除外は全く総量規制の対象にならない項目ですが、例外は貸付けの残高としては算入しますが、例外的に年収の3分の1を超える額を借入できるというものです。例外に含まれるのは、顧客に一方的有利となる借換え、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(配偶者貸付)、個人事業者に対する貸付けなどです。消費者金融が配偶者貸付を適用して、自分に全く収入がない専業主婦に融資をすることがあります。この場合は、配偶者に安定した収入がることを確認した上で、配偶者の年収の3分の1までの融資を行います。ただし、契約には、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。現在、大手消費者金融では配偶者貸付をしておらず、この方法で融資をしているのは中堅以下の一部の消費者金融に限られています。消費差金融には貸金業法に基づくおまとめローンや借り換えローン、事業者用ローンを販売しているところがありますが、これらも総量規制の例外となり、年収の3分の1を超える額でも借り入れが可能です。

 

総量規制対象外のカードローン

総量規制対象外のカードローンは銀行のカードローンです。銀行は貸金業法ではなく銀行法によって営業しているので、総量規制の対象にはなっていません。ですから、年収の3分の1を超える額でも借り入れができます。ただし、やはり、年収に対する借入残高の額は審査されるので、必ず審査に通るという保証はありません。ただ、専業主婦にとっては、余計な書類を提出することはなく、本人確認書類だけで契約ができるので、借りやすいと言えるでしょう。